不動産用語集
 
 

 

 
不動産賃貸契約に関すること
     
敷金
   
契約時に借主が貸主に対して退去時まで預けるお金で、退去時に原状回復の義務がある場合は、このお金より精算されます。
 
礼金
 
契約時にお礼として借主が貸主へ支払うお金です。
 
仲介手数料
   
貸主と借主の間に入る不動産業者さんへ支払う手数料です。
 
管理費・共益費
   
建物内外の共用施設の管理費用、及び管理人等に対しての費用。
 
更新料
 
契約を更新する際にかかる費用です。関東地区では新家賃の1ヵ月分が一般的です、全国的には地域により異なりますので初回の契約時に確認しましょう。
 
取引態様
 
貸主、売主と不動産業者との取引形態のこと。
 

間取りに関すること
     
L・D・K・S
 
L=リビング D=ダイニング K=キッチンの略表記。 S=サービスルーム(収納)の略表記。
 
ロフト
 
部屋の一部を2層式にした上部のスペースのことで、収納だけでなく居住空間として利用することも多い。
 
クローゼット
 
造り付けの収納庫で、主に衣類の収納スペースとして作られたもの。
 
PS
   
パイプスペースの頭文字を取った表記で、いろいろな配管が収納されています。
 
MB
   
メーターボックスの頭文字を取った表記で電気、ガス、水道等のメーターが収納されている場所のこと。
 
専有面積
   
マンション等の区分建物の専有部分の面積で、バルコニー、ベランダ等の壁の外側の部分は含まない。なお専有面積の計算方法は壁芯計算と内法計算がある。
 
オートロック
   
マンション等の集合住宅で共同玄関を自動的にロックするシステム。入居者はカードキーや暗証番号でロックを解除できる。
 
ポーチ
   
玄関前の門扉のついていないスペースのこと
 
アルコープ
   
壁面からくぼんだ部分のこと。主に共用部分から一歩奥まった位置に扉のある玄関スペースを指す
 
エントランス
   
マンション等の大型総合住宅での共同玄関内のこと。
 
ルーフバルコニー
   
下階の屋根を利用して作られたバルコニーのこと。
 
宅配ボックス
   
受取人が留守の間に届いた宅配便の荷物を保管しておくロッカーのこと。エントランスなどに設置されている。
 
トランクルーム
   
共用廊下やエントラスに設置されたロッカーのような収納スペースのこと。
 

 
建築構造種別に関すること
     
テラスハウス
   
1・2階あわせて1戸構えになっている住宅が隣と塾を隔てた状態で並んでいる連棟式住宅のこと。各住戸が単独で敷地の所有権を持つ。
 
タウンハウス
   
構造はテラスハウスと同じ。敷地の所有権はマンションと同じで、建物の専有面積の割合に応じて土地を共有する「敷地権」として所有する。
 
メゾネット
   
上下2層に分かれた部屋を室内の階段でつないで1戸の住居とし、立体的な居住空間のあるもの。
 
分譲タイプ
   
もともと分譲用に建てられたマンションの一部を賃貸用とする場合、マンションを購入した人が賃貸用として貸し出す場合に、その物件を分譲タイプと呼ぶ。
 
鉄筋コンクリート造
   
RC造。鉄筋で柱や梁といった骨格を作り、まわりをコンクリートで固めたもの。
 
プレキャストコンクリート造
   
PC造。あらかじめ工場で製造された鉄筋コンクリートの部材。工期短縮・狭い現場に対応できる利点がある。
 
鉄骨鉄筋コンクリート造
   
SRC造。建物の骨組みを鉄骨で組み、鉄筋で補強しコンクリートで固めたもの。
 
軽量鉄骨造
   
建物の骨組みに厚さ6mm以下の鉄骨を使った工法。外壁や内壁には強化プラスチックやセラミック、軽量コンクリートなどが張られる。
 
鉄骨造
   
S造。建物の骨組みに重量鉄骨を用い、外壁に厚みのあるコンクリート型のパネルやボード状のものを取り付けた建物のこと。
 
気泡コンクリート造
   
軽量気泡コンクリート(ALC)パネルを使用した構造のことで、断熱性、耐熱性に優れ主に外壁や部屋の間仕切り等で使用される。
 
バリアフリー
   
生活環境から障壁(バリア)を取り除いたもの。誰もが安全で快適に生活できるよう設計・建築されている。
 

 
法令上の制限に関すること
     
建ぺい率
   
敷地面情に対し建築可能な建築面積の割合
 
容積率
 
敷地面積に対し建築物の延べ面積の割合